大森南朋の兄弟の画像?映画監督?父親は吉祥寺?白塗り?嫁は黒木華?

Pocket

俳優の大森南朋さん!

読みは「おおもり・なお」で、「おおもり・なんほう」ではありません!(笑)

念のため、注意しておきましょう。

さて、彼は兄弟や父に関して話題のようですね。

どういった人物たちなのかをお届けしたいと思います。

映画監督や吉祥寺、白塗りとは?

嫁があの黒木華さんって、ホントなのでしょうか!?

大森南朋の兄弟の画像?

実は、大森南朋さんには、職業が映画監督の兄がいたのです。

それは、なんと、あの大森立嗣さんでした!

ちなみに、大森南朋さんだけではなく、大森立嗣さんも俳優です。

大森 立嗣(おおもり たつし、1970年(昭和45年)9月4日 – )は、日本の映画監督、俳優。

さて、大森立嗣さんの画像とは…?

探してみると、菅田将暉さんや池松壮亮さんとのスリーショットが!

あまりにもすごい一枚ですよね?

もしもこれが一般人だったなら、家宝になりそうです。

どういうシチュエーションだったのか?

菅田将暉、マイペースな池松壮亮に肩震わせる。

リアル「セトウツミ」に会場大喜び。

これは、大森立嗣さんが監督した映画『セトウツミ』に関するイベントだったそう。

『セトウツミ』とはどういう映画…?

菅田将暉さん演じる瀬戸小吉と、池松壮亮さん演じる内海想が、

川のほとりで関西弁で話す様子を描く青春劇だそうです。

こんなイケメン同士なら、川で関西弁で喋っていてもサマになりそうですね!

大森南朋の兄弟の映画監督としての実績?

大森南朋さんの兄の大森立嗣さんは、『セトウツミ』以外では、

どういった作品を手掛けているのでしょう。

もちろん一発屋ではなく、まだまだ作品はありました。

•ゲルマニウムの夜(2005年)

•ケンタとジュンとカヨちゃんの国(2010年)

•まほろ駅前多田便利軒(2011年)

•ぼっちゃん(2013年)

•さよなら渓谷(2013年)

•まほろ駅前狂騒曲(2014年)

•セトウツミ(2016年)

•光(2017年公開予定)

『まほろ駅前多田便利軒』は、直木賞作家・三浦しをんさんの代表作!

『まほろ駅前狂騒曲』もそうですね。

これらが大森立嗣さんの監督作品の中ではもっとも有名です。

『ゲルマニウムの夜』も、芥川賞作家・花村萬月さんの代表作。

大森立嗣さんの撮る映画は文芸作品が多いようですね。

2017年には『光』も公開予定の、大森立嗣さん!

今後の映画界における活躍にも期待は尽きません。

<スポンサードリンク>

大森南朋の父は吉祥寺?

大森南朋さんは、兄だけではなく、父親も有名なのでした。

かなりの大物俳優でビックリです…。

麿 赤兒(まろ あかじ、1943年2月23日 – )は、日本の俳優、舞踏家、演出家。

本名は大森 宏。暗黒舞踏集団・大駱駝艦主宰。

所属事務所は同傘下の芸能事務所・キャメルアーツ。

長男は映画監督の大森立嗣、次男は俳優の大森南朋。

麿赤兒さんが、大森南朋さんと大森立嗣さんの実父だったのですね!

大森南朋さんの父親の名前ってイカツイですよね・・・w

2006年(平成18年)に文化庁長官表彰を受賞

クエンティン・タランティーノ監督の『キル・ビル Vol.1』ではやくざの親分役で出演した。

文化庁長官表彰まで受賞して、タランティーノ作品にも登場!

国内でどうこうという域を超え、世界レベルの俳優みたいですね…。

ヤクザの親分も似合いますけど、組の会長役とかも絶対似合いますよね。

すごいエピソードといえば、こんなものも。

長男の立嗣が監督を務めている『まほろ駅前多田便利軒』シリーズにも常連出演しており、

次男の南朋と親子共演している。

自身が大物俳優なだけではなく、長男監督作品において次男と共演!

こんな父親は、日本中にゴロゴロいるもんじゃありませんよね!

もちろん、私の周囲には全くいません(笑)

さて、話は変わって、「大森南朋 父 吉祥寺」という検索結果も。

麿赤兒さんと吉祥寺にどういう接点が?

大森南朋さんは29歳までバンドをやってたそうです。

バンド名は「ジャングルビーンズ」で大森南朋さんの担当はギター。

吉祥寺周辺でライブ活動をしていました。

29歳で解散。

俳優の道に専念したようです。

しかし、2016年、15年程たってバンド活動を開始しています。

バンド名は「月に吠える」。

麿赤兒さんではなく、大森南朋さんが吉祥寺でバンド活動をしていたようです。

2016年になって、54歳だった大森南朋さんが、25年ぶりにバンドを復活!

よっぽど音楽にも情熱が強かったのでしょう。

「月に吠える」が曲名でなくバンド名なのは個性的ですけど!(笑)

ちなみに大森南朋さんの母親は、彼が幼少の頃に離婚していたそうです。

父親の麿赤兒さんが仕事を優先するあまり、家にあまり帰らなかったのが原因とのこと。

大森南朋の父が白塗りに?

偉大すぎる父を持つ大森南朋さんですが、父といえば、仰天するようなネタも…?

ネットで調べると、「白塗り」なんて出てきます。

どういうことがあったのか、かなり意表を突かれますよね(笑)

麿赤兒さんは、映画で歌舞伎役者の役でもしたのでしょうか。

俳優大森南朋が幼稚園の頃お父さんの絵を描いたら、先生から親に情緒不安定かもと連絡があり、

絵を確認したら、全身白塗りの男が吊るされている絵で、

いや何もおかしなとこありませんよって写真見たらそのまんま!

お父さん前衛芸術家の麿赤兒さん!という話が好きだ。

天才ならではのエピソードって感じですかね?

いや、天才だったから許されるというべきか。

普通の人だったら、「怖すぎる」で片付けられそう(笑)

自分の父親を白塗りで吊してしまう息子って…?

情緒不安定とかじゃなくて、本当に不幸中の幸いでした。(笑)

<スポンサードリンク>

大森南朋の嫁は黒木華?

さて、大森南朋さんには、まだすごいネタがありました!

嫁があの黒木華さん?と言われていたのです!

父は大物俳優、兄も監督で、嫁も有名女優なら、いくらなんでも豪華すぎでしょう。

が、結論から言えば、これはガセネタでした。

大森南朋さんの嫁は女優ですが、黒木華さんじゃなく、小野ゆり子さんだったんです。

同年3月14日、女優の小野ゆり子との結婚

結局、嫁も女優ということは事実ですから、すごいですけどね!

でも、なんで黒木華さんが出てくるのでしょう。

つまり、大森南朋の結婚相手が黒木華にそっくりな女優だからという理由で、

大森南朋と黒木華の結婚説が浮上したというわけなのです。

小野ゆり子さんと黒木華さんの顔が似ているから誤解されたというオチでした(笑)

「大森南朋 嫁 リーガルハイ」という検索候補が表示されるのも、

嫁に似ている黒木華さんがリーガルハイに出演していたからだと思われます。

黒木華さんは、2014年に、映画『小さいおうち』に出演して国際的に評価されたり、

2016年も、ドラマ『重版出来』に主演して話題をさらうなど、超有名女優。

相棒15の初回スペシャルにゲスト出演したこともあります。

こういった誤解は、ある程度は仕方ないかもしれませんね!(笑)

大森南朋さんと小野ゆり子さんの間に子供はいないみたいです。

このことから、嫁の不妊の噂が流れているようですので心配ですね。

Pocket

<スポンサードリンク>