木南晴夏の姉妹がミュージカル?年齢?韓国人役でドラマ?結婚した?

Pocket

木南晴夏さんは現在、月9ドラマ『貴族探偵』に出演中!

彼女は姉妹なども芸能人なのかなと思ったので調べてみると、「ミュージカル」と出てきますね?

どういう方なのでしょうか。

「韓国人」というのも出てきますが、その意味とは?

特に気になる「結婚している」という説も検証していきましょう。

木南晴夏の姉妹がミュージカル?

木南晴夏さんは、ネットで調べると、いろいろ驚くような情報が出てくる女優です。

まずは彼女の姉妹について興味深い情報が。

姉妹を調べていくと、「小泉今日子」なんてものも出てきますね。

まさか、あのベテラン女優の小泉今日子さんの妹だった…?

2009年、映画『20世紀少年』では小泉響子役を演じ、

「瓜二つ」だと監督や原作者にも評価された。

だいたい意味が分かりますね?(笑)

あの「キョンキョン」とは無関係でした!

では、「ミュージカル」とはどういうことなのか。

木南晴夏さんの姉は、小泉今日子さんでこそないものの、女優だったのです!

妹の方が有名ではありますが、

なんとミュージカル女優の木南清香(きなみ さやか)さんだったのです!

画像を見ると分かりますが、とても美人な姉ですね。

この木南清香さん、これまでにそうそうたる著名ミュージカルで活躍してきていました!

今までの出演作品はこちらです。

•劇団四季ミュージカル「オペラ座の怪人」

•劇団四季ミュージカル「ライオンキング」

•2011年 「ヌエバ・カンシオン」 グロリア役

•2012年 – 2013年 東宝ミュージカル「ミス・サイゴン」 ジャネット役

•2014年 東宝ミュージカル「ミス・サイゴン」 ジャネット役

•2015年 ミュージカル「ショウ・ボート」 エセル役

•2015年 ミュージカル「ミー&マイガール」 ソフィア役

•2016年 – 2017年 東宝ミュージカル「ミス・サイゴン」

子供でも知っているような作品も多いですねえ。

姉の経歴はこちらです!

大阪府立夕陽丘高等学校音楽科声楽専攻。

京都市立芸術大学音楽学部声楽専攻卒業。

東宝ミュージカルアカデミー第5期 卒業。

でも、木南清香さんのミュージカルといえば、わりと最近、かなりホットな話題がありました。

それが、木南晴夏さんとの姉妹共演

木南晴夏さんが姉といっしょに著名なミュージカルに登場でもしたのでしょうか。

そうではありません、逆です。

木南清香さんのほうが、妹の出ていたドラマに登場し、共演となったというわけ。

ちなみに下の画像は、木南晴夏さんがインスタグラムに投稿していたものです。

第7話「ミュジコ村の旋律…芸術の神に守られし村の秘密!?」で共演を果たしたのは、

ムラサキ役の木南晴夏さんと、晴夏さんのお姉さんの清香さん。

清香さんはミュージカル女優であり、

劇中ではオーブを守る役で登場した大地真央さんのバックダンサーとして登場。

宝塚風メイクで華麗にダンスを魅せる姿が放送されておりました。

『勇者ヨシヒコと導かれし七人』での共演でした!

このとき木南清香さんは、『ベルサイユのばら』を意識したスタイルでした。

かなり視聴者に反響があったとか。

木南姉妹は小さいころから宝塚が好きで、よく見ていたそう。

もともと宝塚が好きだった姉妹が、かたや女優、

かたやミュージカル女優になって、ドラマで共演!

ファンだけでなく、本人たちも胸が熱かったことでしょう。

姉妹が幼少期にしていた「ベルばらごっこ」について、木南晴夏さんが語っておられました。

宝塚歌劇団を観て育ちました。初めて観たのが『ベルサイユのばら』。

たしか、私が幼稚園生ぐらいで、姉が小学校3年生ぐらいだったと思います。

布団を腰に巻いてお姫様になりきったり、

トイレットペーパーの芯に引越し用のテープみたいなものを巻いて、

フィナーレで使う鈴を作ってみたり(笑)。

それをシャンシャンシャンシャン使って。

2人で仲良く踊ってたなぁ。

情景を想像するだけでも、微笑ましいですね。

でも幼少期のごっこにしては、結構本格的だったんですね(笑)

コントとはいえ、勇者ヨシヒコで「ベルサイユのばら」を演じられて良かったです!

木南晴夏の姉妹の年齢?

女優姉妹というだけでもインパクトがあるのに、こんな形で派手に共演していた、木南姉妹。

さすがに、『貴族探偵』にも木南清香さんが登場する気配はありそうもないですけど(笑)

これだけ話題の姉妹だからか、姉の年齢についても関心を持たれているようですね…?

木南清香さんの顔を見ると、

ミュージカルで活躍しているためなのか、かなり大人っぽい印象を受けます。

これも一因なのでしょうか…?

では、木南晴夏さんと木南清香さんの年齢差とは?

木南 晴夏(きなみ はるか、1985年8月9日 – )は、日本の女優。

大阪府豊中市出身。ホリプロ所属。姉は女優の木南清香。

木南 清香(きなみ さやか、1981年7月13日 – )は、日本の女優。

大阪府豊中市出身。オーチャード所属。

身長・体重・・・161cm・48kg

木南晴夏さんは、31歳。

対する木南清香さんは、35歳でした。

木南晴夏さんが三十路だとは、とても思えませんね!

木南清香さんもアラフォーには思えません。

ということで、姉妹の年齢差は4歳でした。

普通、兄弟の年齢差は2歳くらいが多いですから、4歳といえば結構開いているといえるでしょう。

妹が中1のとき、姉はもう高2ですからね。

<スポンサードリンク>

木南晴夏が韓国人役でドラマ?

木南晴夏さんといえば、気になるのが「韓国人」。

彼女が韓国人だという風評はネット上でかなり見受けられるんです。

どういうことなのでしょうか?

結論からいうと、木南晴夏さんは、普通の日本人でした。

風評の理由は2つ考えられます。

また、朝鮮語と英語は日常会話程度にこなせるという。

木原晴夏さんは、日英韓と、3ヶ国語をあやつるという才能の持ち主でした!

これはすばらしいのですが、「韓国語が日常レベル」というのが「韓国人」につながったのでしょう。

武井咲さんも、韓国好きで韓国に行って民族衣装まで来ていたので、似たように誤解されました。

この程度の安易な誤解は困りますねえ…(笑)

もう1つは、ドラマで韓国人役をしていたということ。

2010年にフジテレビで放送された『素直になれなくて』という連ドラでした。

役名は「パク・ミンハ」。

どんなストーリーのドラマだったのでしょう。

5人の若い男女がTwitterを通じて知り合い、真の友達、

仲間になっていくまでを描く青春群像劇。

キャッチコピーは「好きだなんて、言い出せなかった」

SNSで知り合った若者の友情をテーマにした、今どきの青春ドラマって感じですね。

視聴率も悪くなかったみたいですよ。

視聴率は11%前後を推移した。

では、木原晴夏さんが熱演した、パク・ミンハとは?

パク・ミンハ

演 – 木南晴夏

ドクターの妹。桐成高校の3年生。

成績優秀で兄のことを誰よりも理解しており、

ハルに対して好意を寄せているのを知り、応援する。

兄からは「医者になってほしい」という思いを知り、自身も目指している。

父親の病気を機に、ドクターと韓国に帰国。

医師志望の女性という、わりとインテリな役だったのですね。

『貴族探偵』のお嬢様役といい、彼女にはこういう役が似合いますよね!

木南晴夏が結婚した?

信じられないことに、木原晴夏さんには「結婚説」がまことしやかにささやかれています。

まあ、31歳ですから、しても不思議じゃないのですが、

女優ですし、かんたんには行きませんよね。

堀北真希さんみたいに引退されたら困りますし。

でもこれはガセネタです。

木南晴夏さんは、まだ独身でした!

こんな噂が流れたのには、彼氏が関わっていたそう。

かわいいキャラが大人気の木南晴夏さん、彼氏はもう判明しているみたいですね!!

そのお相手と言うのが、大人気バンド「ONE OK ROCK」のRyotaさん!!

ワンオクといえば、何かと女性関係ではにぎやかですよね(笑)

それはともかく、Ryotaさんが彼氏だったのですね。

ネット上では「木南晴夏さんの左手の薬指に指輪らしきものがあった!!」と騒がれ、

すでに結婚したんじゃないのかと噂になっています。

薬指に指輪があったのでは、たしかに怪しまれそう。

でも、それだけではなかったそうです。

また、Ryotaさんも自身のインスタグラムのユーザー名「ryota_0809」と、

分かる人には分かるあからさまなアピール♡

「0809」は木南晴夏さんの誕生日の「8月9日」以外に考えられませんね!

今は未婚のようですが、将来2人が結ばれることはあるのでしょうか。

Ryotaさんと木南さんの交際は順調で、結婚秒読みと言われていました。

しかしRyotaさんは別の女性と結婚したんですね。

いい感じになっていたのに、結局、ダメでした…。

結婚したのだから、Ryotaさんはもう無理ですね。

結婚したのは、本人ではなく、その元カレだったと…。

ちなみに、先ほどご紹介した姉の木南晴夏さんは結婚していました

2016年、一般男性と結婚した。

ひょっとすると、この件も影響したのかもしれませんね。

Pocket

<スポンサードリンク>