宮澤エマの姉妹の名前は沙羅?ハーバード?ハゲかくしスプレー?父の画像?

Pocket

いまもっとも注目されるハーフタレントのひとり、宮澤エマさん。

祖父や父が偉い人だそうですが、どんな人なのでしょう。

姉妹の名前が「沙羅」で、ハーバードというのは本当?ガセ?

すごいことに、彼女に関しては「ハゲかくしスプレー」なんてものも出てきます(笑)

さすがにこれはガセネタだと祈りたいところですが…?

宮澤エマの姉妹の名前は沙羅?

宮澤エマさんは、数多いハーフタレントのなかでも、まれにみるエリートとして知られています。

美貌だけではないってところがミソなんですね!

森村学園初等部に在学、聖心インターナショナルスクールを卒業した後、

アメリカ合衆国カリフォルニア州のオクシデンタル大学で宗教学を専攻。

大学3年の時にはケンブリッジ大学へ留学している。

インターナショナルスクールが多い、芸能人の子供たち。

しかし彼女は、インターナショナルスクール卒業のあと、

さらにケンブリッジ大学など、数々の海外留学まで果たしていたのです。

かなりグローバルな育ちのようですね。

では、宮澤エマさんの姉妹はどうなのでしょうか。

調べてみたところ、宮澤エマさんには「姉」がいるということが明らかに。

妹が「エマ」という外国人くさい名前なら、姉も似たような感じかもしれませんね。

調べてみたところ、「沙羅」と出てきます。

どうやら、フルネームは「ラフルアー・宮澤・サラ」だそう。

長いですね~。

どこかの王侯貴族みたいな…(笑)

では、このラフルアー・宮澤・サラさんって、どんな人…!?

宮澤エマの姉妹はハーバード卒?

実は、宮澤エマさんは、本人だけではなくて、姉妹そろってグローバル?

ラフルアー・宮澤・サラさんについて調べてみると、妹よりもっとすごいことが。

なんと、「ハーバード」とか出てくるんですよね…。

言わずと知れた世界ナンバーワンのハーバード大学!

ラフルアー・宮澤・サラさんはこちらの出身なのでしょうか…?

宮澤エマには5歳年上の姉がいます。

一般人なので名前は公表していませんが、現在32歳になりますね。

宮澤エマさんは2017年で29歳。

5歳年上のラフルアー・宮澤・サラさんは、34歳になるわけですね。

妹とは違い、一般人ということでした。

姉の出身大学はハーバード大学と噂されている才女で、

噂とはいえ、「ハーバート説」はあったもよう!

ふつうなら「噂」で止まりそうですが、妹もアレですし、後でご紹介するように、

この姉妹の祖父や父が尋常でないエリートなので、信ぴょう性はあるのでは。

ところで、お仕事の方も気になりますよね。

働く女性のドレスを作る服飾系の会社を起業していると言われています。

アパレルメーカーの女社長

一般人とはいえ、普通のOLとかではなく、かなり注目度が高めな人のようでした!

姉の会社はニューヨークにあるそうですよ。

そのうち、テレビで姉妹共演なんてことがあればいいですね。

宮澤エマの姉は結婚してるの?

宮澤エマさんの姉は2015年に結婚されていますが、

妹のエマさんが多忙すぎて結婚式を計画できていないようです。

妹なしで結婚式を挙げることも可能だと思いますが、それは嫌なのでしょう。

ここからも、姉妹の仲の良さが読み取れますね。

余談ですが、姉の成人式の写真を入手したので掲載しておきます。

右から3番目の女性が宮澤エマさんの姉です。

美形だけあって、晴れ着姿も美しいですね。

<スポンサードリンク>

宮澤エマのハゲかくしスプレー?

ネットで調べると、「ハゲかくしスプレー」なんていう、

とても信じられないようなネタも出てきてしまう、宮澤エマさん(笑)

どうやら、宮澤エマさんは「髪の毛が薄いのでは?」という噂があったそう。

今より昔、視聴者がテレビ番組「ワイドナショー」で宮澤エマさんを見た時に、

「ハゲてる」と思ったのがキッカケだとか。

なるほど、それでハゲかくしスプレーなのね。

…って、あんな美人の方に、それはありえませんよね(笑)

なぜ、宮澤エマさんに「ハゲかくしスプレー」なんてネタが…?

理由は偉大すぎる祖父にありました。

姉妹どころじゃない、最大級のグローバルな人物です!

母方の祖父は第78代内閣総理大臣の宮澤喜一。

宮澤エマさんは、あの宮澤喜一元総理の孫だった…!

でも、ちょっとこれは盲点ですよね。

宮澤喜一元総理といえば、独特の風貌から「ヨーダ」とも(笑)

血がつながっているなんて、とても信じられないというか…(笑)

でも、こうくれば「ハゲかくしスプレー」の意味はもうお分かりですよね?

一つ心当たりがあるとすれば、おじいちゃんは髪が・・(;^ω^)

はい、どう考えても、コレが理由ですね(笑)

もしも宮澤エマさんが男性だったら、

おじいちゃんみたいなことになっていたかもしれません…。

女性に生まれてきて、本当によかったですね(笑)

これ以外の理由として考えるとすれば、

宮澤さんは髪をアップにしたりセンター分けしたりすることが多いので、

それでハゲているように見えるのかもしれませんね。

また、アメリカ人のハゲの割合は39%(日本人は14%)で、

宮澤さんの父親はアメリカ人であることから、

宮澤さんはハゲやすい体質であることは事実でしょうね。

宮澤エマの父の画像?

でも、宮澤喜一元総理は母方の祖父なのに、同姓ということは、父はお婿さん…?

実はそうではなく、父はこういう人でした。

父はアメリカ人で元駐日代理大使クリストファー・ラフルアー

クリストファー・ラフルアーさん!

祖父が総理だけでもヤバいのに、父も駐日代理大使!

最後の「父」も、やはりグローバルでした!

本当に宮澤エマさんは世界レベルの家系のようですね。

さて、お姉さんもラフルアー・宮澤・サラですが、宮澤エマさんの本名は?

2015年11月16日自身のブログでこれからは今までの「ラフルアー宮澤エマ」から、

「宮澤エマ」に改名して活動していくことを報告した。

やはり彼女も「ラフルアー・宮澤・エマ」だったのでした。

彼女を最近知った人にしてみれば、生粋の日本人だと勘違いしそうですよね(笑)

さて、父のクリストファー・ラフルアーさんですが、

職業だけではなく、外見に関しても話題のようですよ。

画像が注目されているのだとか。

義父のように頭のほうがアレだとか…?

違います!

クリストファー・ラフルアーさんは、かなりのイケメンだったのです。

宮澤エマさんがスターウォーズっぽくないのがよく分かりました(笑)

でも、エリート家系でルックスにもめぐまれるとは、

天は二物を与えるなんてこともあるんですね!

少々、ずるすぎる気がしなくもありません(笑)

宮澤エマの父親の年収がスゴイ!

宮澤エマさんの父親のラフルアーさん。

現在はマンスフィールド財団という団体で理事会の役員をしているようです。

政府関係の仕事としては、以下の経歴があります。

1993年〜1997年 在台湾米国協会の副ディレクター

1997年〜2001年 在日米国大使館主席駐日公使

2001年〜2003年 米国国務省東アジア・太平洋地域担当主席次官補

2004年〜2007年 駐マレーシア米国大使

また、あの有名な証券会社JPモルガンの副会長を2008年〜2011年までされていたのだとか。

日本支部で働いていて、役員報酬だけでも24億以上!

DDTC株式会社で代表取締役になったり、シニアアドバイザーとして活躍されていました。

現在は財団の役員の他に、5社で役員になっていたり、

在日米国商工会議所(ACCJ)の第55代会頭であったり。

いやいや、宮澤さんの父親、すごすぎでしょう・・・w

ちなみにネットでは宮澤さんの父親が離婚したという噂がありますが、

何の証拠もありませんので、単なるガセネタだと思われます。

Pocket

<スポンサードリンク>