アンミカの妹の仕事?韓国語を話せる?旦那の年齢?

<スポンサードリンク>

モデルとして大活躍されているアンミカさん。

今回は彼女の、「妹」「韓国」「旦那」の噂を検証します!

アンミカさんの妹はどんな方なのか?

韓国語を話せるって本当なの?

旦那はケチで浮気性?

気になる噂を探ってみました!

アンミカの妹の仕事?札幌でマッサージサロンのオーナー?

2018年1月14日放送の「初耳学」にて、アンミカさんの5人兄弟が紹介され、

その中でも妹のローザさんが凄く美人だと話題になっているようです。

妹の本名は安清美(あんきよみ)というそうですよ。

アンミカさんが5人兄弟だったというだけでも驚きですが、

兄弟は綺麗に1人ずついるようです(兄、姉、妹、弟)。

他の兄弟もアンミカさんと同じで、超ポジティブなんだとか(笑)

この画像の真ん中にいる女性がアンミカさんの妹(2歳年下)であり、

職業はタイ式マッサージやアロマケアなどを行っているサロン「マナ ローザ」のオーナーなんだとか。

経営は好調で、今は札幌と東京に店舗があるみたいですよ。

テレビ放送前の時点で4ヶ月待ちとのことですので、今後は更に繁盛するでしょうね(笑)

ちなみにアンミカさんの妹は「タイ政府認定校」を卒業されたプロフェッショナルだそうです。

妹さんの腕は確かだということですね!

アンミカさんによると、妹はしっかり者で料理が上手なんだそうです。

アンミカさんが韓国出身なので、妹のローザさんも韓国出身だと思います。

アンミカの妹のマッサージサロンのメニューはどんな感じ?

アンミカさんの妹・ローザさんの経営するマッサージサロンは様々なメニューがあるそうです。

・ITM タイ古式マッサージLevel4

・アブドミナルマッサージ

・ロイクロ トラディショナルマッサージ&フットリフレクソロジー

・さとう式リンパケア

・MRT マッスルリリーステクニック

・ハワイアンロミロミ

・リワインドセラピー

・アロマテラピーアドバイザー

・ハーバルセラピスト

・周産期解剖学

・マタニティアロマ

「マナローザ」の人気メニューであるタイ古式セラピーは、

チェマイ式のタイ古式マッサージをベースに「エレナ」さんが開発したオリジナルのマッサージ。

チェマイ式のタイ古式マッサージというのは「世界一気持ちがいいマッサージ」なんだとか!

私はあまりマッサージの知識がないので良く分かりませんが、凄そうな感じはしますね。

というかどんなメニューであれ、アンミカさんの妹がオーナーの店であれば行ってみたくなりますが(笑)

「人に喜ばれる仕事をしたい」という思いで、アンミカさんの妹は仕事を始めたみたいですね。

どのメニューも値段は1万円以上はするため、あまり頻繁に行けるお店ではなさそうです。

何か目標を達成した時のご褒美として利用するのがいいかもしれませんね。

アンミカさんの妹に会えると思えば安い値段だと思いますよ。

札幌店の住所は「北海道札幌市中央区北1条西3丁目北尾ビル6F」。

東京店の住所は「東京都港区麻布十番2丁目21-6」とのことです。

お近くの方はぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

アンミカの妹が元彼がスパイだと見破ったの?

アンミカさんは過去に、結婚を前提に付き合っていた男性がいました。

その彼は韓国人籍を名乗っており、7ヶ国語を話せる人だったそうです。

結婚対象としている男性を妹に紹介したアンミカさんでしたが、

その時に妹のローザさんは何故か不審な気持ちを抱いたのだとか。

そこでアンミカさんの妹は男性の身元調査や人物調査を韓国に依頼した結果、

なんとその男性は韓国人国籍ではなく、似たような人物が5人も見つかったそうです。

その事実が判明し、アンミカさんが男性に「何者なの?」と尋ねたところ、

その男性は流暢な関西弁を話して去って行ったのだとか。

なんで最後に関西弁を話したのかは謎ですが、妹の洞察力には驚きますね。

もし妹が異変に気づかなった時のことを考えると恐ろしいですよね・・・

だってアンミカさんはスパイの男性と結婚することになっていたのですから(笑)

アンミカさんは妹に頭が上がらないでしょうね。

アンミカは韓国語を話せる?在日韓国人なの?

アンミカさんは両親と共に3歳の時に日本に来たそうです。

両親はどちらも韓国国籍です。

つまり在日韓国人2世ということですね。

現在もアンミカさんの国籍は韓国だったはずです。

アンミカさんは物心ついた歳から日本の大阪で育ってきましたので、

日本語(大阪弁)はご存知の通り日本人よりも上手いぐらいです。

ちなみにアンミカさんは韓国語検定4級という資格を取得されていますが、

韓国語検定4級というのは実力的にはそうでもないみたいなので、

韓国語はあんまり達者ではないのかもしれません。

アンミカさんは現在も国籍が韓国で正真正銘の韓国人ですが、

幼少期から日本で過ごし現在も日本に住まれています。

そんなアンミカさんがなぜ帰化しないのか不思議ですよね。

その理由はなぜかというと手続きがかなり面倒らしいんですね。

在日韓国人を支援するサイトで確認してみましたが、ものすごく多くの手順がありました。

書類の提出や一次審査・面接・二次審査、そしてまた追加書類などおそらく難易度も高いだろうし、

その上手続きもこれだけ面倒となれば、

「そこまでしてやらなくてもいいかな」と思ってしまうのも分かる気がします。

アンミカさんって在日韓国人だったんですね!

でも3歳から日本に住んでいて韓国語もあまり話せなそうなので、

もはや在日韓国人って感じはしませんが・・・笑

日本人に帰化するための手続きが面倒なのは分かりますが、

それでもしっかり日本人に帰化しておいた方がいい気がしますね。

在日韓国人っていうだけで差別する人は日本にたくさんいますし、

今後の芸能人活動に支障をきたすことがあるかもしれませんので。

まあ、超ポジティブで笑顔が素敵なアンミカさんなら、いくら批判されても気にしないとは思いますが(笑)

アンミカの旦那の年齢?仕事と会社は?

アンミカの旦那セオドール・ミラーは、エンパイヤーエンターテインメントジャパンの取締役です。

年収は明らかになっていませんが、結婚式でアンミカに、

ニューヨークのハイブランド「リーム・アクラ」のドレスや、

総額2億円とも言われる「ディアディクト」のジュエリーを用意したくらいですから、

超セレブであることは疑いようもありません。

噂では、年収数億円は下らないのではないかといわれています。

2歳から日本に住んでいたというアンミカの旦那セオドール・ミラーは、

ニューヨーク大学を卒業した後、電通や本田技研、ゲートウェイなどの大企業を経て、

ライブドア取締役を務めたこともありました。

しかも、セオドール・ミラーの父はアメリカのゼネコン会社の社長で、母は画家。

兄はアカデミー賞監督賞にノミネートされたこともある映画監督ベネット・ミラーという、

華麗なる一族の血を継いでいるのです。

アンミカと旦那セオドール・ミラーが出会ったのは、

2010年に日本テレビで放送されていた「魔女たちの22時」がきっかけでした。

出演していたのはアンミカのみでしたが、番組の慰労ゴルフ会で2人は初めて出会い、

それから約1年半の交際を経た2012年7月に結婚しています。

巷ではアンミカの旦那セオドール・ミラーは再婚だったという噂がありましたが、

こちらは全くのデマであることが分かっています。

以来、アンミカと旦那のセオドール・ミラーは、テレビ共演してアツアツぶりを披露しており、

結婚生活を送る都内の自宅マンションも公開。

都内の高層マンションの最上階2フロアを占有する、贅を尽くした内装に加え、

億単位の家具を配置した超セレブ生活が話題を呼びました

アンミカさんの旦那は本物のセレブのようですね。

もう写真を見るだけで金持ちオーラが漂ってきますよね・・・笑

普通は金持ちアピールをすると嫌味を言われたり嫉妬されたりするものですが、

この2人の弾ける笑顔を見ているとそんな気持ちが消えてしまいます。

あまりにセレブすぎて、一般大衆は嫉妬さえできないのかもしれませんね(笑)

アンミカさんの旦那は、彼女の素敵な笑顔に一目惚れしたそうです。

やはり女性の一番の化粧は笑顔なんですね。

これからも2人仲良く夫婦生活を送ってくださいね!

<スポンサードリンク>